2009年11月25日

せっかく伊豆だし地魚を回らないお寿司で こうげん寿し

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ
伊豆旅行最後の食事は何にしよう??迷いに迷って、やはり最後は伊豆ならではの魚をお寿司で食べようではないか!と向かったのがこうげん寿し。

お店は国道135線からちょっと入ったとこにあります。(ガソリンスタンド向かい、レンタルDVD屋オレンジボックスの近くです。)

こうげん寿し 外観.jpg


外観は田舎のお寿司屋さんという感じですが、店内は清潔感があるお店です。お座敷席、テーブル席、カウンター席があり座敷のみ喫煙可。

この日は1時過ぎにうかがい、先客はお座敷の家族連れのみ。最初はテーブル席に座ったのですが注文すると「カウンターのほうがいいよ」と言われカウンター席に。

わたくし普段は回るお寿司専門なのでちょっぴり緊張(汗)

こちらのお店は伊豆の新鮮な地魚を使ったお寿司が自慢とのことで、ツレが地魚にぎり全種類セット・12貫(12個)3000円、私は地魚にぎり9貫2200円を注文。

全種類セットはいくらくらいになるのか事前に聞いてから注文しました。もっと種類が多いときもあるそうですが、この日は魚の種類が少なかったのと前に団体のお客さんがいたので少なめだったとか。

カウンターのショーケースには綺麗におろされた魚が並んでいます。そしてご主人が手さばきよくお寿司を握っていきます。

カウンター奥の壁にはその日のネタの札が下がってます。(2段目が地魚ネタ。)

こうげん寿司 カウンター.jpg


セットにはあら汁とお漬物がつきます。
お寿司は小ぶりかな?ちょっと食べてから写真を撮ったので注文したのより少なく写ってます。(しかもピンボケたらーっ(汗) すみません)

こうげん寿司 お寿司.jpg


1個ずつ魚の名前を教えてくれたのですが、食べる頃にはどれがどれかわからなくなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
ほとんどが白身のお魚で区別がつきません(笑) でもさすがにどれも新鮮でおいしかったです。中でも私はアジ、ツレは金目鯛がお気に入りでした。

ご主人は気さくな感じの方でお魚のこと、伊豆のこといろいろ教えてもらいました。
こんなふうにカウンターでお話しながらお寿司をいただくのはめったにないことなので楽しかったです。

満腹でなければお任せでいろいろ食べたりしてみたかったなぁ。

家族でやってるお店のようですが、接客も丁寧で感じが良かったです。
あと焼酎が島美人が置いてあったのも鹿児島県人としてはポイント高し。(地元でも飲みやすくて人気のある芋焼酎です。)

伊豆に行ったらまたお魚を食べに行きたいです。

こうげん寿し
静岡県伊東市八幡野1166-16
営業時間 火〜金・日 11:30〜21:00
土・祝前日 11:30〜23:00
休憩時間 15:00〜17:00
定休日 月曜日 (但し祭日、休日の場合は営業)

・食べログレビュー→こうげん寿し (寿司 / 伊豆高原)





タグ:伊豆
posted by nao at 21:18 | Comment(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見た目も繊細な戸隠蕎麦 伊豆 そばの坊

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ
伊豆旅行中、ホテルの食事がボリューム満点なのでお昼は軽くお蕎麦を・・ということで伺ったそばの坊。

そばの坊 外観.jpg


こちらは国道135号沿いから小道を入ってすぐのところにあります。(ドライブイン・かえる屋の向かいのローソンの右の小道です。)伊豆高原駅からは徒歩で10分くらい。

そばの坊 外観2.jpg


お店はこじんまりしてますが綺麗で落ち着いた雰囲気です。座敷席とカウンター席がありましたが座敷は満席で私たちはカウンター席に。

カウンターは入り口近くでお客さんが入ってくると外気で寒いのですが、火鉢が寒さをやわらげてくれました。

そばの坊 火鉢.jpg


壁には長野・戸隠のポスターが貼ってありました。ご主人は戸隠のそばの実というお店で修行されたとのこと。

私はそば三昧(1570円)を、ツレは鴨汁そばを大盛り(1920円+350円)で注文しました。

そばの坊 メニュー.jpg


こちらのお店には日本酒のほかにシャンパンがありました。珍しいですね。

突き出しとしてそばチップスとそば団子が出てきます。(無料)

お蕎麦が出てくるまで結構時間がかかるのでお腹がすいてた私たちにはありがたかったです。そば団子は初めて食べましたが醤油味のタレでおいしかった。

そばの坊 突き出し.jpg


鴨汁そば。

そばの坊 鴨.jpg


鴨汁の味付けは先日行った浅草のおざわより辛めかな。私は甘めが好きなのであちらのほうが好みでした。(でもこれは好き好きでしょうね。)

そば三昧はタレがとろろ、くるみ汁、おろし、温玉、小天の5種類の中から3種類選べます。私はとろろ、くるみ汁、おろしにしました。

そばの坊 そば三昧.jpg


ざるに綺麗に盛り付けられた細めのお蕎麦は見た目にも繊細で美しく、食べるのがもったいないくらいです。

そばの坊 蕎麦.jpg


ツレはおろしタレが一番気に入ったようです。とろろは普通においしかったです。

くるみ汁のタレは見た目白っぽいゴマダレのような感じ。食べてみるとクルミの味がします。初めて食べたのですが、普通の蕎麦のタレにはないクリーミーな感じが珍しく、おいしかったです。お蕎麦ってこんな食べ方があったんですね。

でも一番印象深くおいしかったのは「新そばなので・・・」と出された昆布ダシでした。

ほとんど味のしない薄味の出汁につけていただくと、蕎麦の味がパァッと広がって「うわー蕎麦だぁぁ」と叫びたくなりました。蕎麦好きにはたまらないです。(しかし蕎麦好きではないツレはたいして感銘を受けてないようすでした・・・がっくし。)

新そばの時期に行けて良かったです。てゆーか私も大盛りにすればよかったぁぁ。

伊豆にいる間にもう一度食べたかったのですが日程的に無理で・・・また伊豆に行ったときにはぜひ寄りたいお店です。

手打ち蕎麦処 そばの坊
静岡県伊東市八幡野1143-31
営業時間 10:30〜17:00 (シーズンにより異なる)
定休日 木曜

・食べログレビュー→手打ち蕎麦処 そばの坊 (そば / 伊豆高原)


タグ:伊豆
posted by nao at 15:45 | Comment(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆に行ったら金目鯛を食べるべし! かね光水産

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 武蔵野(市)情報へ
初めての伊豆、やはり最初は地元のお魚を食べたい!ということでカネミツ水産でお昼を食べました。

カネミツ水産 外観.jpg


こちらは魚屋さんも営んでいるそうで店名どおり魚料理がメインのお店。

お店は国道135号沿いで、伊豆高原駅から徒歩で10〜15分ほどのところにあります。

12時開店ということでしたがちょうどその時間に着くとまだお店が開いてなくて、あたりには開店待ちの人がちらほら。
12時10分くらいになって暖簾が掛かりました。開店時間にはアバウトなお店のようです。

店内は座敷席のみ。窓際には大きな水槽があり伊勢海老や魚が泳いでいます。

ツレは刺身定食(1890円)、私はホワイトボードの本日のおすすめメニューから金目鯛の煮付け(半身・1800円)、ライス(210円)を注文。

カネミツ水産メニュー.jpg


「煮付けはお時間が20分くらいかかります」と言われましたが、刺身定食も時間がかかったので結局出てきたのは同じくらいでしたあせあせ(飛び散る汗)

刺身定食は煮魚、茶碗蒸しに大きなお味噌汁までついてかなりのボリュームです。

カネミツ水産 刺身定食.jpg


刺身の品数も多くお昼にいただくには豪華な刺身定食でした。

カネミツ水産刺身.jpg


そして金目鯛の煮付け。どーん!

カネミツ水産 金目鯛煮付け.jpg


半身は迫力がありますね〜。写真ではわかりにくいですが、二人でシェアしてちょうどいいくらいの大きさです。つやつやしていかにもおいしそう。

てゆーか食べてみたら本当においしかった。身が柔らかくて、甘めの味付けがよくしみてます。御飯が欲しくなる味です。ツレは追加で御飯のおかわりしちゃいました。

今回伊豆でいろんなおいしいもの食べましたが、中でも一番おいしかったのはこの金目鯛の煮付けとゆーことでツレと私の意見が一致してます。

隣の席で頼んでたアジフライ定食やジャンボ海老フライ定食もおいしそうでした。

■お食事処 かね光水産
静岡県伊東市八幡野1132-13
営業時間 12:00〜20:00(途中準備時間となることあり)
定休日 水曜日

・食べログレビュー→お食事処 かね光水産 (和食(その他) / 伊豆高原)

posted by nao at 13:31 | Comment(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。